2000人に聞いた転職のきっかけ【年代・男女別】面接で言っていいこと悪いこと

働く中で転職を考えたことがある方も多いのではないでしょうか。周りに相談しづらい原因で転職を考えている方などは、一人で悩んで行動に移せず時間だけが過ぎてしまう…なんていう場合も少なくありません。

ここでは、そんな転職について悩みを抱える方のために男性女性、年代別に多かった転職理由きっかけを紹介していきます。

自分だけではない!みんな思い切って行動しているんだ」と感じられるきっかけになればと思います。ぜひ参考にしてみてください。

目次

転職きっかけ理由転職を決意した瞬間男性編】

苦労して就職したものの、入社してみると人間関係がうまくいかなかったり、思っていた仕事内容ではなかった…など、さまざまな理由で「転職」が頭をよぎることもあります。

ここでは、年代ごとに転職のきっかけを紹介します。まず男性編です。

転職きっかけ20代男性】1位:給料が安い

仕事の内容に対して給料が安いと、なかなか仕事に力が入らなくなってしまいます。

「給料が安いのに残業が多い」「残業手当がつかない」などの声も聞きます。いくら好きな仕事でも、やりがいだけではなかなか続かないことも多いです。

中には正社員なのに賞与が支給されなかった事例もあります。

特に20代は「このまま会社に居ても将来的に給料が上がることはないのでは?」と不安がよぎるという声も多くありました。

このように賃金に関することがきっかけで転職を考える方は多いです。

残業の長さや給料に加え、福利厚生も重要なポイントです。さまざまな手当や福利厚生が充実した会社であれば、多少給料が安くても生活満足度が高くなります。

逆に、額面の給料が高くても福利厚生が全くないと、自由に使えるお金が実は少なく、転職を考える要因になります。

転職きっかけ20代男性】2位:仕事が辛い・つまらない

仕事内容を把握して入社したつもりでも、「実際仕事に取り組んでみると、自分には向いていなかった」「仕事が辛く感じる」という方も多くいらっしゃいます。

特に営業職や接客業など、対人の仕事をする人は「自分には向いていない」と感じて転職を考える方が多いです。

対人の仕事はトラブルが起こりやすく、人と話すのが苦手な方はどうしても辛いと感じてしまう傾向にあるようです。

仕事にやりがいを感じないことも転職のきっかけの一つにあげられます。自分の今の仕事と、あこがれていた仕事にギャップを感じると、やりがいを見失うことに繫がります。

「こんなはずじゃなかった」と考え始めると、どうしても仕事に力が入らなくなりがちです。

転職きっかけ20代男性】3位:職場の人間関係

仕事に不満はないが、職場の人間関係にストレスを感じるという声も多くありました。職場は学校ではありませんので、自分の好きな人とだけ関わっているわけにはいきません。

苦手な人とも顔を合わせなければならない場面もたくさんあります。仕事だからと割り切って対応できる方もいらっしゃいますが、どうしても耐えられない方もいます。

毎日同じ空間で過ごす人との関係性は、仕事を続けるなかで重要なポイントの一つです。

最近では、セクハラ、パワハラ、マタハラなどのハラスメントが問題視されていますが、これらが原因で退職したという方の声も多くありました。

特に男性は、上司や先輩から飲み会などを強要される、自分に対する当たりがキツいなどのパワハラで、職場の雰囲気に耐えられない事例もあります。

転職きっかけ30代男性】1位:結婚

30代になると結婚を機に転職を検討する男性は多いようです。

結婚して奥さんを養う、子どもが産まれて、ゆくゆくはマイホームを…なんて考えると、今の仕事では厳しいかもしれない。

このような理由から将来性のある職場への転職を希望する男性は多いです。30代ともなると、20代でさまざまな経験を積んで、社会のことを知り、自分のスキルも付いている頃です。

自分の可能性を信じて、「ステップアップしたい」「生活を向上させたい」と、転職を考えるようです。

30代の転職は、かなりリスクがあると考えている方も多いですが、「年収」か「仕事内容」か、どちらを重視するのかを自分のなかでハッキリさせておくことが大切です。

結婚を機に年収アップを考え転職をするのであれば、自分のスキルを活かせる職場を選びましょう。(300文字)

転職きっかけ30代男性】2位:昇進・昇給しない

20代から勤務しているが、なかなか昇進・昇給しないケースもあります。「このまま職場にいても将来性を感じられない」と感じ、転職を考え始める方も多いです。

毎日頑張って働いているのに、評価されないのは精神的にもなかなか辛いものです。

30代になると周りの友人や知人は昇進していくのに、自分だけ責任のある仕事を任されない、役職が付かないような事態になると、さらに働きにくさを感じます。

給与の不満などを抱きはじめてしまうと、どうしても仕事も手を抜いたり、仕事をしていてもストレスを感じたりするようになります。

30代は働き盛りですので、働けるうちに稼いでおきたいと考える方も多いようです。

転職きっかけ30代男性】3位:キャリアアップしたい

「この職場にいても、自分のスキルを活かせていない」「自分の成長を感じられない」という理由が転職のきっかけになる方もいらっしゃいます。

特に30代前半の男性は20代でさまざまな経験を積むことで、自分に向いている仕事や、仕事をしていくなかで自分の成長に繋がるものを見つけ出したいと考える方も多いようです。

「ほかにやりたい仕事が見つかった」「幅広い知識を身につけたい」「キャリアを積みたい」という声も多くありました。

「もう30代だし転職には不利になる?」と心配な方も、30代の転職はこれまでの経験を活かした即戦力を期待されます。人脈とスキルを兼ね備えた人材を歓迎する企業も多いのです。

転職きっかけ40代男性】1位:昇進・昇給しない

30代では2位でしたが、40代の転職のきっかけで最も多いのは「昇進・昇給しない」です。長年勤めている会社でなかなか昇進・昇給しないと、会社から正当な評価をされていないと感じてしまいます。

40代になっても責任ある仕事を任されないのは、自信も無くしてしまいます。「自分はできない人間」「必要のない人間なんだ」と自分を責め、心を病む方も少なくはないようです。

ほかにも、40代になると子どもの進学や親の介護など、お金が必要になる場面が増えてくるころでもあります。

自分の老後も視野に入れ、安定した収入を求めて転職を考える方もいらっしゃいます。20代、30代とは違い、老後を真剣に考え始めると、転職も視野に入るのです。

転職きっかけ40代男性】2位:キャリアアップしたい

給与や生活面ではなく、自分自身のために転職を考える方もいらっしゃいます。40代転職は人生で最後の転職になる方も多いでしょう。

「定年を迎える前に自分のやりたかった仕事をしてみたい」「自分がどこまでできるのかチャレンジしたい」という向上心から転職を考える方もいます。

40代も30代と同じく、まだまだ働き盛りの世代です。「50代を迎えた時に後悔したくない」という声もありました。

40代ともなれば社会経験も豊富な世代で、確たる知識やスキルのある方には、管理職など責任の伴うポジションで採用する企業も多いです。

「思い切って転職して良かった」「転職してから充実した毎日をすごしている」という口コミもたくさんありました。(300文字)

転職きっかけ40代男性】3位:下からの突き上げ

40代は下からの突き上げが多い年代ともいえます。働き盛りの30代の部下・後輩からの冷たい視線は辛いものです。

下からの突き上げに怯えて毎日ストレスを感じながら過ごすのは、精神的に良い状況とは言えません。特に出世レースで30代などの後輩に抜かれると、惨めな気持ちになります。

下から強烈な突き上げに遭い、上からは無理な指示を受けるなどの「板挟み」はさらに精神状態を悪化させます。

自分に合っていない仕事内容だと尚更です。そんな職場環境に嫌気がさして、自分にあった職場への転職を希望する方も少なくありません

自分のスキルに合う仕事で、上下関係が緩く突き上げもない職場に転職を希望するのです。

職場は一日のほとんどを過ごすので、ストレスの少ない環境が良い考えるのは40代も同じです。

転職きっかけ理由転職を考えるとき【女性編】

最近は女性に対するセクハラやマタハラなどが問題視されていますが、ほかにも女性が転職を考えるきっかけには、どんなものがあるのでしょうか。

ここでは女性の転職のきっかけ・理由をランキングで紹介していきます。

転職きっかけ20代女性】1位:職場の人間関係

転職サイトが1万人を対象に実施したアンケートでは、「職場の人間関係の難しさを感じている」と答えた割合は全体の8割以上でした。ほとんどの方が職場の人間関係に不満を感じているのが現実です。

女性に限ったことではありませんが、同じアンケートでは、転職理由の5割以上が「人間関係」でした。それだけ職場の人間関係は、仕事を続けるうえで重要なのです。

「就職したものの、職場の人付き合いがうまくできなかった」「人間関係を良好に保とうと努力したが、疲れてしまった」などの口コミも見られました。

特に女性はちょっとしたことが引き金となり、職場にいづらい雰囲気になり、孤立してしまうことも少なくありません。

転職成功者からは「転職をしてから、余計なこと(人間関係)を考えずに済んでいる」「すがすがしい気持ちで仕事ができる」という声もありました。

転職きっかけ20代女性】2位:仕事が辛い・つまらない

20代男性と同様、転職のきっかけ2位は仕事が辛い・つまらないという理由です。希望を持って就職した先で、理想と現実の違いを突きつけられたと感じる方もいらっしゃるようです。

自分が思っていた仕事ができないとモチベーションが上がらず、やりがいを感じられないこともあります。

就きたかった仕事となると尚更落差が激しいようです。なかには、「求人内容と仕事内容が異なっていた」「合併に伴い仕事内容が庶務的なものになってしまい、スキルアップが見込めない」などという声もありました。

就職前の憧れと、現実の間にはギャップがあるものです。しかし、特に若いうちはギャップに耐えられず「自分に合わない、やりがいを感じない」と思い詰めて転職を考えるのです。

転職きっかけ20代女性】3位:結婚

「寿退社」と言われたように、昔も結婚は転職・退職の大きな理由でした。ただし、最近はかなり事情が異なります。

近年、「結婚しても仕事を続けたい」「産休・育休を取得後、職場復帰したい」と考える女性が増え、退職して専業主婦になるのではなく、結婚生活と両立できる職場を探しているのです。

このことから、安定して長く勤められる職場や、結婚・出産に理解がある職場を求める女性が増加しています。

最近でこそ、男性の育児休業取得が叫ばれていますが、実際には子育てや家事の負担は女性に傾きがちです。

女性は家事負担が重いこともあり、仕事とプライベートのワークライフバランスがしっかりとれる職場でないと、長く続けられないと考える方が多いようです。

福利厚生や働き方などで将来の不安を感じている女性にとって、結婚は転職を考えるきっかけになっています。(300文字)

転職きっかけ30代女性】1位:結婚

厚生労働省の人口動態統計(平成30年)では、女性の平均初婚年齢は29.4歳で、年々初婚年齢は上がっています。

最近は晩婚化とも言われますが、仕事や趣味を優先して30代で結婚する女性も珍しくはありません。

また、同じ統計では、第一子出生時の母の平均年齢は30.7歳です。30代女性は結婚・出産で家庭環境が大きく変わり、自分の働き方や待遇について見直すきっかけとなるようです。

「仕事も大切にしたいが、家庭を一番に考えると転職するべきだと思った」「妊娠中の体調不調で転職をせざるを得なかった」などの声もありました。

転職きっかけ30代女性】2位:育児

さきほど挙げたように、近年は30代で出産する女性が最も多いです。

妊娠してから、出産・育児は怒濤のように訪れます。仕事より、守るべきは子どもの命と考え、緩やかな仕事を希望する30代女性は大勢います。

職場復帰したいのに保育園が決まらない、子どもの体調不良で仕事に行けないと頭を悩ませ、育児と仕事の両立に苦しみます。職場に迷惑をかけるので泣く泣く仕事を辞める女性も少なくありません。

「働くママに対して理解のある職場で働きたい」「子どもがいても自分のキャリアを活かせる職場で働きたい」「時短勤務など時間の融通がきく職場が良い」など、子育て世代に優しい職場を求めるのが30代女性の転職の大きな特徴です

転職きっかけ30代女性】3位:キャリアアップしたい

男生と同じく、20代でさまざまな社会経験を積み、職場の全容や仕事の流れがある程度見えるようになるのが30代です。

「自分がどれだけできるのか」「今よりも自分のキャリアを活かせる職場で働きたい」「ほかの会社で新しいキャリアを身につけたい」などの声もありました。

また、20代で結婚・出産をし、育児が少し落ち着いてきた女性が「正社員を目指してキャリアアップしたい」と考えるケースもあります。

他にも、30代は結婚して家を買う年代でもあります。共働きで稼いでローンを返したいと、給料アップを求めて転職を考える人もいます。

30代転職は新卒の就職とは違い、実力が試されます。企業も即戦力を求めているので、育児などでブランクがある中で、自分の経験やキャリアを上手くアピールすることが成功の鍵となります。

転職きっかけ40代女性】1位:職場の人間関係

20代などの若い世代だけでなく、40代も人間関係によって転職を考える女性は多くいらっしゃいます。煩わしさから解放されたい一心で転職を考えるきっかけとなるようです。

「30代まで我慢してきたが、人間関係が改善されなかった」という声が多かったです。ただ、人間関係のトラブルはどこの職場でも起こりうることです。転職先の面接では伝え方が大切になりますので注意しましょう。

40代にもなれば、子育ても落ち着き、キャリアを身につけている女性がほとんどです。特に専門知識や資格がある方などは、転職先でも即戦力として採用されやすい場合もあります。

転職きっかけ40代女性】2位:キャリアアップしたい

「40代まで同じ職場に勤めていて、本当にこのままで良いのか?」「やりがいの感じる仕事をしたい」「今の職場にいてもキャリアアップできない」と考える40代女性も多いようです。

長く勤めた職場でも、とどまり続けることに悩む女性は少なくありません。今は生涯現役世代とも言われ、定年後も働き続ける方もいらっしゃいます。

子育ても一段落し、自己実現を目指して40代で思い切って転職に踏み切る女性も多いです。

40代での転職は難しい?と考える方も多いです。確かに20代、30代の転職とは違い、ポテンシャルの採用はほとんどありません。転職に成功しても、新しい職場に慣れるのは大変です。

ただ、40代は実力が物を言う世代です。自分のキャリアをしっかり活かせる職場を探せば、転職は成功するでしょう。

転職きっかけ40代女性】3位:親の介護

最近、40代は「責任世代」と呼ばれるようになりました。責任世代とは、「子育てと介護」の両方を担いつつ、仕事も続け、さまざまな場面で責任を追うことが多い年代という意味です。

20代、30代が育児と仕事の両立に頭を悩ませるのとは、悩み方の深刻度が異なります。「介護離職」とも言われるように、親の介護のため仕事を辞めなければならないケースもあります。

突然の親が介護が必要になった時、これまで通り仕事を続けられる方は少なく、離職を余儀なくされるのです。

特に親が遠方にいると、近くに引っ越すか、同居する必要があり、これまでと同じ環境で仕事を続けることが難しくなります

中には「介護休暇」などの制度を導入したり、勤務時間を調整してくれたりする職場もあります。しかし、介護に理解のある職場かどうか、入社時に考慮していない人がほとんどではないでしょうか。

転職きっかけは正直に面接で言ってもいい?

いざ転職をする!という時に面接ではどこまで正直に言うべき?と疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、転職のきっかけをどのように伝えるべきかお話していきます。面接時の参考にしてみてください。(100文字)

正直に言ってもいい転職理由きっかけ

「スキルアップを目指している」「自分のしたいことができる環境で働きたい」などのポジティブな転職理由は、働く意欲をアピールするポイントなので、正直に面接官に伝えるべきです。

「以前勤めていた職場ではできなかったが、御社では自分の目標が達成できる」など、転職を考えるきっかけとなった事情と、志望動機を一緒に伝えるとより効果的です。

転職理由は多くても2つ程度に絞ることをおすすめします。あまり転職理由が多くなると、面接官の印象も良くありません。

面接では、やる気と印象が大切です。自分の意思をどれだけ伝えられるかが勝負です。

転職理由が曖昧な人は、責任感が無いなどの印象を与えてしまうので注意しましょう。

正直に言ってはいけない転職理由きっかけ

転職理由のランキング上位に入っているもののほとんどが「仕事が辛い」「人間関係がうまくいかなかった」などネガティブな理由です。

その転職理由をそのまま面接官に伝えるのはNGです。ネガティブな転職理由は印象を悪くしてしまいます。

嘘をつくことはもちろん厳禁です。まずは視点を変えて言い回しを考えてみることから始めましょう。

例えば、人間関係の悪化が転職理由なら、「自分らしく働ける職場で能力を磨きたい」などの言い回しもおすすめです。

給与や有給など福利厚生面は、面接時には言わない方が良いでしょう。それらの理由を口にすると、仕事内容よりも福利厚生を気にする人というイメージがついてしまいます。

面接では、仕事に対する意欲を前面に出しましょう。

転職きっかけを感じたら即行動すべき理由

働いていれば一度は転職を考える方がほとんどではないでしょうか?しかし、今後の人生を左右する問題なので、簡単に行動できないのも現実です。

ここでは、転職をすぐに行動に移すべき理由をまとめています。転職しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

年代とともに市場価値が下がることが多い

採用する企業は、長く貢献してくれる人材を求めています。経験はあまり無くてもやる気のある若い人材は市場価値があります

体力や発想力を求める企業であれば尚更です。「若い人材は会社にも活気を与えてくれる」「思考が柔軟でさまざまなことを学んでくれそう」という企業側の意見が多くありました。

20代などの若い世代はポテンシャルを期待され、積極的に採用する企業もあります。一方、30、40代はポテンシャルを見込んだ採用がほとんどなく、求人が激減します。

20代は他の世代と違って、潜在力とやる気を評価される世代です。30代、40代となるとやる気だけでなくスキルも重視され、即戦力でないとなかなか転職が難しいのが現実です。

人気の求人はすぐになくなってしまう

人気のある求人はすぐに応募多数となるので、迷っているうちにチャンスを逃してしまった…なんてこともあります。

人気の求人や自分の理想の求人を見つけた時は、迷わずに行動に移しましょう。

転職に悩み、不満を抱えながらズルズルと時間を過ごすのは時間の浪費です。思い切った行動が吉とでる場合もあります。

確かに、転職はリスクが伴います。それでも、現状に不満があるなら思い切って決断し、「良い求人があったらすぐに応募する」と決めておくことが大切です。

決意できないままだと、人気の求人が出たときも迷ってしまい、いつの間にかその求人がなくなっている、という事態になりかねません。

転職悩んでいる人がすぐにすべきこと

転職しようか悩んでいる時は、まず自分の気持ちを整理することから始めましょう。

転職を考える時、「今、自分がどうしたいのか」「将来、自分はどうなっていたいのか」という明確なビジョンを持つことが一番大切です。

人間関係の悪化が直接的な理由でも、前向きな理由から考えてください。後ろ向きな理由や漠然とした理由で転職活動すると、面接で転職理由を伝えられず、なかなか転職先が見つからない事態もあり得ます。

自分一人では上手く言葉にできない方は、転職エージェントに相談してみるものも一つの手です。

アドバイザーに話をしていくなかで、自分の目指す方向性が見えてくる場合もあります。

次に徐々に具体化していき、自分が働きたい職場の雰囲気、給与など求める条件を決めましょう。転職エージェントを頼っているなら、決めた条件を伝えましょう。

エージェントは数々の転職を取り扱っているプロです。求職者と企業の希望を考慮したうえでマッチする求人を紹介してくれます。

おすすめの転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴は、ほかの転職エージェントにはない求人が掲載されていることです。

独占求人とも呼ばれ、企業側からの信頼がある転職エージェントだからこその特徴です。

スカウトサービス」を導入しており、履歴書などを登録しておけば、企業側と求職者の希望にマッチしている求人があれば紹介もしてもらえます。

初めての転職者にも利用しやすいように、履歴書の書き方や面接時の注意点などはもちろん、退職する際のアドバイスなど、細かいサポートが充実している転職エージェントです。

サポートに定評があり、「電話相談ができてとてもていねいだった」「見つけられない求人を紹介してくれてよかった」などの声も多くありました。

おすすめの転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

認知度の高いリクルートエージェントは、圧倒的な求人数と幅広い職種が人気の転職エージェントです。

かなりの求人数を取り扱っているので、他の転職エージェントでは紹介してもらえない希少な職種も、リクルートエージェントなら複数紹介してもらえたという方もいらっしゃいます。

業界最大規模のリクルートエージェントは、過去の転職成功事例などのデータを豊富に保有し、面接対策などのサポートが充実し、コンサルタントの質も高いです。

口コミでも「面接が決まった時に、会社の面接傾向を事前に教えてくれた」「アドバイスが的確で助かった」など好評価が多くありました。

求人数がとにかく豊富なので、転職を考えた時にはまず登録しておきたい転職エージェントです。

おすすめの転職エージェント③マイナビ

マイナビ

テレビCMでもおなじみのマイナビは、20代、30代の利用者から絶大な支持を受けている転職エージェントです。

既に転職を決意している方はもちろん、転職するか迷っている方も登録しておいて損はないです。

相談のみもOKで、転職しない方が良いのでは?と悩んでいる方に助言をしてくれる親切な対応も人気の理由の一つです。

求人数はリクルートエージェントに比べると少ないものの、初めての転職で不安を感じている方や、しっかりとしたサポートを受けたい方におすすめの転職エージェントです。

一人ひとりに時間を費やしてていねいなサポートをしてくれます。女性のアドバイザーも多いので、女性の転職希望者にも人気があります。

転職きっかけは人それぞれ!迷うことなくアクションを起こそう

ここまで、年代・男女別にさまざまな転職理由やきっかけを紹介してきました。転職するか悩んでいる方は、まず行動を起こしてみることが何よりも大切です。

迷っているだけで行動しないのは、時間の浪費です。仕事にも身が入らず、スキルアップの機会も逃してしまう懸念があります。

漠然と悩むのではなく思考を整理し、「転職したい理由」「将来の希望」など転職にまつわる自分の考えを明確にしてください。

考えが明確になれば、情報収集などのアクションが迷わず起こせます。

転職活動を始める際は、転職のプロの転職エージェントを上手に活用しましょう。考えを整理しようとして、かえって悩みが深まってしまった人もエージェントなら、一緒に考えてくれます。

専門のアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。転職きっかけを感じたら早めに行動して、前向きな生活を取り戻しましょう。