仕事つまらない死にそう。そんな毎日をガラッと変える方法をプロが伝授

仕事がつまらないと悩んでいる方はいらっしゃるでしょう。

仕事がつまらないと感じる人は、就いている仕事への適性がないからかもしれません。しかし、生活がかかっているので簡単に辞められないのが現実です。

ここでは、仕事がつまらないと感じる理由と、仕事がつまらないときは仕事を辞めるべきなのか、耐えて続けるべきなのかをみていきます。

そもそも仕事がつまらないのは当たり前?そう感じている人の理由と割合

仕事がつまらないと悩んでいる人は、どの程度いるのでしょうか。また、仕事がつまらないと思うは、仕事のどんなところがつまらないと感じているのでしょうか。

ここでは、仕事がつまらない理由をみていきます。

「仕事がつまらない」と感じている人の割合は?

仕事がつまらないと感じる人は、全体のどの程度の割合なのでしょうか。

大手転職サイトのアンケート調査(2016年)によると、仕事が「楽しくない」と答えた割合は約48%でした。

約半数は仕事が楽しくない、つまらないと感じているのです。ではなぜ仕事がつまらないと感じるのでしょうか。

個々の会社の事情で細かな理由は違ってきますが、ここでは仕事がつまらないと感じる一般的な理由をみていきます。

仕事がつまらない理由を知れば、今後の対策も見えてきます。もし仕事がつまらないとお悩みの方は、以下の内容をご確認ください。

仕事がつまらない理由①暇

仕事がつまらない理由として、暇すぎることが挙げられます。

仕事が暇なんて羨ましいと考える方もいらっしゃるでしょうが、実際に仕事が暇すぎる状態が続くと、自分の存在価値を感じることができず、辛い状態に陥る人が多いです。

暇すぎて自分の存在価値を見いだせないと、仕事がつまらないと感じるようになります。やることがなくそこに居続けることは、忙しく働くよりも辛いのです。

仕事が暇すぎる状態が続けば、会社はこの先やっていけるのか、長い間勤めて大丈夫なのか、という将来の不安も増大していきます。

退職理由のうち、「仕事が暇だから辞めた」という人は約20%にも及ぶというデータもあるほどです。

仕事がつまらない理由②うつの症状

仕事がつまらない理由に、うつの症状が挙げられます。

うつの疑われる症状としては、熟睡できない日が続く、何をしても無気力、食欲がない、集中力が続かない、わけもなく涙が出るなどです。

背景は仕事が合わない、人間関係に悩んでいるなどさまざまですが、これらの症状が出ている場合は、なるべく早くその環境から脱する必要があります。

うつになると回復まで時間を要しますし、改善が難しいケースもあるので早めの対処が重要です。

仕事がつまらないと感じる人は、うつの症状が当てはまらないかチェックしてください。

当てはまらなければ、直ちに環境を変えることはないでしょうが、うつの症状が出始めているなら早く環境を変えるよう努め、早期に医療機関を受診することも検討してください。

仕事がつまらない理由③元々希望の仕事ではなかった

仕事がつまらないのは、元々希望の仕事ではなかったことが理由の場合もあります。

「本来やりたかった仕事に就けず、生活のために仕事をしている」という場合は、我慢を強いられて仕事を続けていることになります。

自分の気持ちを抑えて働くストレスによって、仕事へのやる気も失われていき、結果として仕事がつまらないと感じるのです。

ただし、実際に希望の仕事に就いている人は少ないのが現実です。最初はやりたいことではなかったとしても、仕事をしていくうちに面白さを知っていく人もいます。

元々希望していた仕事に就けず、「仕事がつまらない」と感じる場合は、転職して希望の職に就けるのかよく考える必要があります。

仕事がつまらない理由④ハード過ぎて辛い

ハード過ぎて辛いということも、仕事がつまらない理由に挙げられます。

どんな仕事でも我慢を強いられますし、中には自分の時間を全く持てないほど忙しい仕事も存在します。

ひたすらハードな仕事をし続けて毎日が過ぎていくために、「仕事がつまらない」と感じることがあるのです。

前述のように暇すぎても辛いですが、寝る時間もないほどハードな仕事は自分を見失う上に、ストレス解消する暇もない日々が続きます。

ハード過ぎる仕事をしていると、身体のケアをする暇もなく身体を壊してしまう危険もあります。

仕事がつまらない、耐える?辞める?プロが教える対処法

「仕事がつまらない」と感じている人の割合や、「仕事がつまらない」と感じる理由をみてきましたが、仕事がつまらない場合はどう対処すれば良いのでしょうか。

ここでは、仕事がつまらない場合は耐えるべきか、辞めるべきか、対処法についてみていきます。

断言します。仕事がつまらないのに耐える必要はなし!

仕事がつまらないと感じ、辞めるべきか耐えるべきか悩んでいる人は多いです。断言します、仕事がつまらないのに耐える必要はありません。

仕事がつまらないのに耐えて続ければ、得るものより失うものの方が多いからです。

仕事がつまらないのにひたすら耐えて続ければ、時間の浪費になる上に経験の損失になります。

本来、仕事の経験は失敗であれ成功であれ、経験そのものが自らの財産になります。

しかし、やりたくない仕事を続けることはネガティブに考えて耐えた時間でしかなく、何の財産にもなりません。

つまらない仕事を続けるのは、まだ見ぬチャンスを逃していることにもなりますので、耐えずに次のステージに行くようにしましょう。

仕事がつまらない症候群の末期症状を2chから抜粋

「仕事がつまらない症候群」の末期症状ともいえる内容が、2chに書きこまれています。

スレッド名は「なんJ人生つまらない部」で、以下のコメントが掲載されています。

仕事がつまらないと感じたらずっとつまらんやろな 人生のほとんどを仕事にもっていかれるわけで、充実させるには仕事が楽しいって思えるようにならないとダメ

中には「苦労するから達成感があるわけで」といった記載もあり、これは暇すぎて仕事がつまらなく感じることの裏返しです。

人生つまらない 仕事仕事仕事仕事仕事 仕事 これやからな休みがないのが悪い

仕事がゴミみたいにつまらなくて苦痛で毎日泣きそうやけど、週末の草野球とそのあとの食事会だけを生き甲斐に毎日なんとか頑張っとるわ

これらのコメントには、毎日の仕事がつまらないけれど、それ以外の生き甲斐をみつけて頑張っている姿がにじみ出ています。「仕事が辛くつまらないのは当たり前」というのが共通認識のようです。

仕事がつまらないまま40代になると超悲惨

仕事がつまらないと思っている人がすぐに辞めるべきなのは、そのままつまらない仕事を続けて40代になると、超悲惨な事態が予想されるからです。

若いうちは仕事が面白くてもつまらなくても、何とか続けることは可能です。そもそも若いうちは、自分の適性がよくわからないため、いろいろな職業を経験する人も多いです。

しかし、つまらないと感じる仕事を続けていると、その仕事に身が入らず結果を出せないまま年を取っていくのです。

通常、40代といえば仕事の成果が出てくる頃です。同世代の人が出世し続けるのに、自分はつまらない仕事を続けて停滞しているというジレンマに陥りやすいです。

仕事がつまらない、辞めたいなら辞めるべき!

ここまで、仕事がつまらない場合に耐えるべきか、続けるべきかをみてきました。結論は「仕事がつまらなくて仕事を辞めたいと思うなら、辞めるべきである」といえます。

仕事がつまらないのは、その仕事が自分には合っていない、または自分の理想とはかけ離れているからです。

仕事に不満を抱いたまま、耐えて長年働いたとしても、良い結果は期待できません。仕事がつまらないなら、一刻も早くその環境から脱する必要があります。

「今の仕事がつまらない」と感じているなら、できるだけ早くその仕事を辞めて他企業への転職を目指し、すぐ行動に移しましょう。

転職こそ「仕事つまらない症候群」最大の打開策

「仕事がつまらない」と感じている場合、最大の打開策は転職です。

今の仕事に適性がない、もしくは業務内容に関心がないから、仕事がつまらないと感じるのです。

張り合いのない仕事を我慢して続けても良い結果は生まれません。「仕事がつまらない」と感じる人は、面白いと感じる仕事に転職して新しい世界を見つけましょう。

「仕事がつまらないのは当たり前。みんな我慢している」とよく言われます。しかし、我慢にも程度があります。つまらないと感じる仕事を続けるのは、苦痛以外のなにものでもありません。

自分の適性・関心に合わない仕事を無理に続けるのは、自分の能力・時間の無駄遣いでもあるのです。

仕事がつまらない人が転職する際の注意点

仕事がつまらないと感じるなら、転職して早く環境を変えた方が良いですが、気をつけるべきことがあります。

ここでは、仕事がつまらないと感じる人が転職する際の注意点についてみていきます。

自力で転職活動しない

「仕事がつまらない」と感じて転職を決断しても、自分の力だけで転職活動に取り組むのはおすすめしません。

仕事がつまらない・暇・辛い時は、就職情報を何となく眺めてしまったり、手当たり次第に集めてしまったりすることがあります。

しかし、何も将来のことを考えずに何となく探して転職すると、後悔する可能性があります。

今のつまらない仕事も自力で探したり、将来の展望を考えずに決めていませんか?

同じことの繰り返しになるだけでなく、いったん転職してすぐやめれば短期間で仕事を辞めた履歴が残り、その後の転職に不利に働く可能性もあります。

仕事がつまらないと感じて転職活動をする場合は、転職のプロに依頼して、自分にとって最適な転職先を紹介してもらいましょう。

転職エージェントが最良の場所を教えてくれる

「仕事がつまらない」と感じて転職活動をする際、転職のプロである転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントは「仕事がつまらない」と感じている人のために、その人に適した最良の転職先を探してくれます。

転職エージェントの中には、転職活動において面接のコツや職務経歴書の書き方を指導してくれるところもあります。

「仕事がつまらない」と感じて何となく手に取った就職情報誌で転職先を見つける方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば、自分では見つけられない非公開求人も紹介してもらえます。より良い転職先を探せる可能性が高いのです。

おすすめの転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

「仕事がつまらない」と感じて転職エージェントを頼るなら、まずパソナキャリアをおすすめします。

パソナキャリアは12,000社以上の取引実績があり、求人数が非常に多い転職エージェントです。

取り扱っている業種も多岐にわたり、仕事がつまらないと感じている方に最良の転職先を紹介してくれる確率が高いです。

さらに、求人件数の8割が非公開求人で、自分では見つけられない転職先を紹介してくれます。

パソナキャリアで転職した人の67%が、年収アップに成功した実績もあり、待遇の改善を目指す上でも頼れる転職エージェントです。

拠点は全国にあり、地方でも転職活動が可能で、業種・待遇に加えて勤務地でも希望の転職先に出会えるでしょう。

おすすめの転職エージェント②リクルートエージェント

「仕事がつまらない」と感じている方には、リクルートエージェントもおすすめです。

リクルートエージェントは、厳選した非公開求人が20万件以上もあります。仕事がつまらないと感じている方は豊富な求人の中から、最適な転職先を見つけられます。

リクルートエージェントは専門コンサルタントの質が高く、履歴書添削サービスや面接対策の相談に応じてくれます。

慣れない転職活動をフルサポートしてくれるので、希望する条件の転職先に就職できる可能性が高まります。

転職活動では、履歴書の書き方や面接での受け答えに悩むものです。専門コンサルタントが企業側から好感を持たれる内容をアドバイスしてくれるのは、心強く感じるでしょう。

おすすめの転職エージェント③マイナビエージェント

マイナビ

「仕事がつまらない」と感じている方には、マイナビエージェントもおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントには転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、蓄積した転職ノウハウを元に希望の転職先を見つけられるようサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは様々な業界に詳しく、今の職種とは異なる職種や業界を紹介することができます。

このため、今の仕事が自分に合っておらず、違った職種へ転職したい方にもおすすめです。

また、マイナビエージェントは企業が求める人物像と業務の特徴などを把握しています。求職者と企業のマッチング力に優れ、求職者にも企業にも最適な選択肢を紹介してくれます。

仕事がつまらないなら今日にでもアクションを!

「仕事がつまらない」と感じる原因と、対策として転職という手段をご紹介しました。

仕事がつまらないのに耐え続ける必要はなく、自分の状態をよく考え、うつなどになる前に早めにアクションを起こしましょう。

転職活動の際、初めての方はわからないことが多く不安も多いでしょうが、そんなときには転職エージェントが力になってくれます。

「仕事がつまらない」と感じても、生活を維持しなければならない現実もあるでしょう。ただし、自分に合った職場を探して転職すれば、より良い未来となる可能性も高まります。

「仕事がつまらない」と感じて自分に合った転職先を探すなら、ぜひ転職エージェントを利用して、やりがいのある仕事を見つけてください。