証券アナリスト資格の内容・難易度は?転職で年収を上げる方法も

証券アナリスト資格を取得すると、株式や債券を扱う業種はもちろん、一般企業でも投資分析などができるため、活躍できるフィールドが広がります。

証券アナリスト資格は、転職で有利になる資格でもあります。

ここでは証券アナリストとはどんな資格なのか、また証券アナリスト資格保有者の平均年収、証券アナリストの試験内容などをみていきます。

証券アナリストってどんな資格?

証券アナリストと聞くと「株や投資関係の資格」くらいの認識の方が多いでしょう。

証券アナリストは、株や投資関係などの金融関係以外に、一般の会社でも部署によっては役立つ資格です。

証券アナリストとはどんな資格なのか、詳細についてみてきましょう。

証券アナリストとは

証券アナリストは、公益社団法人の日本証券アナリスト協会が実施している試験に合格すれば認定が受けられる民間資格です。

証券アナリストは証券分野の高度な専門知識を持ち、情報収集、分析、評価を通して調査した企業に投資すべきか決定したり、投資家に助言する仕事です。

証券アナリストは国内で通用する資格ですので、グローバルに活躍したい方は証券アナリスト取得後に米国証券アナリストや国際公認アナリストを目指す方もいらっしゃいます。

証券アナリストの資格を持っていると、投資業務の知識と実務経験が身につきます。名刺に記載すればステータスにもなり、キャリアアップにも役立ちます。

なお、証券アナリストの資格を受験するには、1次試験と2次試験ともに講座を受講することが必要です。

証券アナリスト資格を持っているとどんな仕事ができる?

証券アナリストの仕事は、金融市場や債券市場、商品市場などの各種市場の調査や分析をすることです。また、個別企業の財務諸表の分析や企業幹部へのインタビューで、企業の評価もします。

債券市場は国債や地方債、普通社債、外債などが流通している市場で、商品市場は金やプラチナ、商品先物取引などの流通市場です。

これらの市場分析・調査、個別企業の調査以外にも、景気動向や経済全般の分析も行います。

さらに、金融手法を用いた投資関連商品の開発への助言や、投資家の意思決定プロセスに参画することもあります。

証券アナリストの平均年収は?

証券アナリスト全体の年収は約600~700万円ほどで、月収は40~54万円程度です。証券アナリストは証券会社、生命保険会社、コンサルティング会社などに所属いることが多く、所属する会社の給与水準に左右されます。

証券アナリストの給与は外資系か国内企業かでも大きくことなります。外資系は給与が高く、年収は800~1500万円ほどで、全体平均の倍近くになることもあります。

基本的には成果主義、実力主義で、結果を出せれば年収や給与にも反映されて年収がどんどん上がっていきます。

国内企業の証券アナリストの年収は一般企業と大差ないものの、ボーナスが高い傾向にあり、ボーナス金額の大小によって証券アナリストの年収に差がつきます。

証券アナリスト試験についてどこよりも詳しく解説

証券アナリストになるためは、日本証券アナリスト協会の通信講座を受講した上で、試験に合格しなければなりません。

証券アナリストの試験は二段階に分かれ、一次試験と二次試験に合格する必要があります。

証券アナリスト試験の詳細内容についてみていきましょう。

証券アナリストの試験内容

証券アナリストの試験内容は、「経済」「財務」「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「職業倫理・行為基準」の4科目です。

経済の試験は、マクロ経済学やミクロ経済学、国際金融論で、財務の試験は財務会計学や財務諸表分析などです。

これらの経済や財務の試験は、経済学部出身者や経理経験者なら、馴染みのある内容が多いです。

一方、証券分析は計量分析や統計学、ファンダメンタル分析、ポートフォリオといった専門的な内容になるため、初めて学習する方も多いでしょう。

「経済」が最も難しい?

証券アナリストの試験内容で「経済」というと分野が幅広く、試験内容も難しいと思われがちです。

ただし、経済は学んだ経験がある人も多く、証券分析の方が難解である可能性は高いです

経済にはマクロ経済学とミクロ経済学といった大学経済学部で学ぶ内容が含まれ、初めて学ぶ人には難解でが、経済学部出身の方はかつて勉強したことがある分野ですので有利です。

財務では財務会計学や財務諸表分析がありますが、こちらも経済学や経営学を専攻した人なら馴染みがあるでしょう。

一方、証券分析は計量分析や統計学などがあり、数字に強い人でなければかなり難易度は高い試験といえます。

証券アナリストを目指す人は、銀行や証券会社の社員や経済学を専攻した人などが多く、初めから一定の知識を有している人が多いのです。

証券アナリスト試験の流れは?一次試験・二次試験

証券アナリスト試験の流れをみていきます。一次試験では以下の3科目が試験内容となります。

  1. 経済
  2. 財務分析
  3. 証券分析とポートフォリオ

いずれもマークシート方式の試験で、3科目全てに合格する必要があります。また、1次試験は年2回実施されます。その後、1次試験合格者は2次試験を受けます。

2次試験の内容は以下の4科目となります。

  1. 経済
  2. 財務分析
  3. 証券分析とポートフォリオ・マネジメント
  4. 職業倫理・行為基準

2次試験はこれらの4科目が1つの試験にまとめられ、7時間にも及ぶ記述式の試験となります。

1次試験と2次試験は、マークシート方式と記述式と方式が変わるだけで、科目内容はかぶっている部分も多いため、体系的に知識を得ることが重要です。

証券アナリスト試験のスケジュールは?合格発表はいつ?

ここでは証券アナリスト試験のスケジュールについてみていきます。試験スケジュールを知ることは学習計画を立てる上でも重要ですので、きちんと確認しておきましょう。

証券アナリスト1次試験は年2回あり、4月下旬ごろと9月下旬ごろです。1次試験を受けるための1次講座は6月上旬から翌年1月ごろまでにあります。

また、2次試験は6月上旬ごろとなり、2次講座は8月上旬~翌年3月末ごろまでです。

合格発表日は、1次試験が6月上旬ごろと11月上旬ごろ、2次試験が7月下旬と1月下旬ごろです。

受験地は日本全国の主要都市9か所(札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡)と海外3か所(ニューヨーク、ロンドン、香港)で行われ、1次試験と2次試験の受験地は同じです。

証券アナリスト試験合格後、実務経験を積む必要

証券アナリストになるには、証券アナリスト試験に合格して3年以上の実務経験を積む必要があります。

この実務経験には、証券アナリスト試験より前の期間も含まれます。実務経験とは具体的には、金融機関におけるITのシステム開発や事業会社における財務や企画業務も含まれます。

実務経験例は以下の通りです。

  1. 金融機関における資産運用・証券投資相談業務
  2. 証券、債券、株式、不動産への投資業務
  3. 法人向け投資、融資、ならびに与信審査
  4. 経済、産業、金融に関する調査・分析業務
  5. 事業会社における財務管理・分析・企画業務
  6. IR業務
  7. 監査法人における監査業務
  8. 金融機関等における金融関連商品のITシステム開発
  9. 金融機関等におけるリサーチレポートの作成
  10. 債券、株式等発行による資金調達業務

証券アナリスト試験の難易度は?

証券アナリスト試験の難易度は、1次試験の合格率が53%、2次試験が48%で、受験者の約半数がそれぞれ合格しているため、全体としては約25%の合格率です。

他の難関国家資格の合格率が10%を切ることを考えれば、難易度はそれほど高くはないといえます。

合格点は1次試験と2次試験どちらも60%以上とれば合格するといわれていますので、完璧に習得しなくてもポイントを押さえた学習をすれば合格可能な試験です。

ただし、証券アナリストになろうとする人は、金融機関の資金運用やアナリストをしていたような高学歴者ばかりです。

高学歴者は勉強が得意な人が多いので、25%の合格率といっても甘く見ない方がいいでしょう。

証券アナリスト試験に合格した人の勉強時間は?

証券アナリスト試験に合格するために必要な勉強時間は、1次試験と2次試験ともに約3か月ほどと言われています。

時間に換算すると約200時間ほどになります。週15~16時間程度、平日1~2時間、休日5時間程度の学習を約3か月続けていくことで合格ラインがみえてきます。

ただし、これはあくまで平均です。個人個人の専攻内容や学習の進め方によって、勉強時間は変わっています。

勉強時間にこだわるよりも、ご自身の学習進捗状況をきちんと把握し、理解度を深める学習を進めるようにしましょう。

過去問はどのぐらい解いていた?

証券アナリスト試験に合格するためには、1次試験では証券分析と財務分析と経済の3科目を学習します。その際、講座テキストだけでなく過去問を利用すると効率よく学習できます。

過去問は講座テキストではなく市販教材がおすすめで、時間がない人はひたすら過去問を解き続けしましょう。

過去問を何度も解き続けることが合格ラインへの近道です。

時間があってじっくり学びたい人は、総まとめのテキストを使って一通りの理論を学んでから、過去問を解いた方が学問としての理解が深まります。

証券アナリストの試験は、1次試験がマークシート、2次試験が記述式と方式は異なるものの、出題分野はほぼ重なっています。

そのため、時間がある人は総まとめのテキストをじっくり学習してから過去問を学習した方が、体系的知識を得られます。

証券アナリスト試験の費用は?

証券アナリスト試験にかかる費用は、かなり高額です。証券アナリストになるには講座受講料と受験料を合わせて最低でも約13万円ほどかかります。

なぜそんなに高額なのでしょうか。順を追って見ていきます。

受験料は、1次試験が合計12,700円かかり、内訳は証券分析とポートフォリオで6,300円、経済・財務分析でそれぞれ3,100円です。(2019年10月試験)

さらに試験を受けるには講座受講が必須で、1次レベル講座は一般の方で56,500円、会員の方で50,300円かかります。

2次試験の受験料は8,400円で、2次レベル講座は53,000円となります。

つまり、2試験までの講座と受験費用を足すと13万円ほどになるのです。

また、合格後は検定会員入会費として10,000円と年会費18,000円がかかります。

証券アナリストに関するよくある疑問

ここまで証券アナリストの仕事内容、証券アナリスト試験の詳細をみてきました。ここでは、大学生でも証券アナリスト試験が受けられるのかなどの証券アナリストに関するよくある疑問についてご紹介します。

証券アナリストの女性割合は?

証券アナリストのうち女性の割合は、2019年9月末時点で約8%です。女性の証券アナリストは少ないですが、これからは男女関わらず経営者目線で投資の意思決定が求められる時代です。

女性でも証券アナリスト資格をとって、金融市場や証券市場のプロフェッショナルを目指すことも良い選択です。

女性の場合は、結婚後に出産・育児などを経るために、どうしてもキャリアアップは後回しになりがちです。

その点、証券アナリスト資格はキャリアアップにも実務にも役立つ資格です。転職にも有利ですので、女性がキャリアを築くための強力な武器になるでしょう。

証券アナリストは大学生でも受検できる?

証券アナリスト試験は、証券アナリスト協会の通信講座を受講すれば大学生でも受験可能です。ただし、証券アナリストの資格は実務を3年経なければ取得できません。

しかし、大学生で証券アナリスト試験に合格しておき、後から実務を積んで資格取得することはできます。

証券アナリスト資格は運用会社や銀行、証券会社、保険会社などの金融機関では資格取得を義務づけているところもあります。

就職してから取得すればよいと考えるでしょうが、仕事をしながらの学習は時間が思うようにとれず大変です。

大学生のときに証券アナリスト試験に合格していれば、金融機関などに就職した際に有利です。

証券アナリスト資格は転職に役立つ?

証券アナリスト資格は金融業界への転職に有利です。

金融業界での実務経験がなかったとしても、証券アナリストの資格者なら金融の基本的知識があると証明できます。

また、証券アナリスト資格は金融業界に限らず一般企業のIR部門の転職に有利です。IR部門は企業が投資家向けに経営状況や財務状況を伝える部門です。

IR部門は企業の窓口であり、外部の専門家から会社の財務状況などを聞かれる部門でもありますので、証券アナリストの資格を持っていると有利です。

以下では証券アナリストの資格を持ち、転職活動をする場合におすすめの転職エージェントをご紹介しますのでご参照ください。

おすすめの転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

証券アナリスト資格を持っている方におすすめの転職エージェントに、パソナキャリアがあります。パソナキャリアは12,000社以上の取引実績を誇り、求人数も多いです。

取り扱っている業種のジャンルも広く、希望の求人が見つかりやすいです。

全体の8割を非公開求人が占め、自分ではみつけられない求人に出会える可能性は高いです。

また転職後に年収アップできたという実績も多く、証券アナリスト資格を活かしたキャリアアップに最適です。

全国に拠点があることから、どの地域でも転職活動が可能で、サービスの質も高いため、証券アナリスト資格を持っている忙しい方にもおすすめの転職エージェントです。

おすすめの転職エージェント②リクルートエージェント

証券アナリスト資格を持っている方におすすめの転職エージェントに、リクルートエージェントがあります。

リクルートエージェントは、リクナビNEXTと同じ株式会社リクルートが展開している国内最大級の実績を誇る転職エージェントサービスです。

転職支援実績業界ナンバー1で、厳選された非公開求人数が20万件以上もある転職エージェントです。

証券アナリスト資格を持つ求人は、一般的な求人よりも専門性が求められるので非公開求人の場合も多いです。

そのため、非公開求人が多いリクルートエージェントは、証券アナリスト資格を持つ方の転職におすすめです。

専門コンサルタントがフルサポートしてくれるので、転職後の年収や条件など自分の希望に合う転職先を紹介してもらえます。

おすすめの転職エージェント③ランスタッド

証券アナリスト資格を持っている方におすすめの転職エージェントに、ランスタッドがあります。

ランスタッドは世界最大級総合人材サービスプロバイダ―で、オランダ創業50年以上の実績もあります。日本78拠点があり、国内外の幅広い求人情報を紹介してくれます。

ランスタッドは特にキャリアアップ転職に強い転職エージェントで、証券アナリスト資格保有者のキャリアアップにおすすめです。

特に海外求人、管理職以上ハイクラス転職を希望する方におすすめです。

プロのコンサルタントがサポートをしてくれるため、初めての転職活動でも安心して活動できます。

おすすめの転職エージェント④マイナビエージェント

証券アナリスト資格を持っている方におすすめの転職エージェントに、マイナビエージェントがあります。

マイナビエージェントは、転職業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職ノウハウをもとに希望の転職先をみつけられるようサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは証券アナリストが活躍できるような業界にも詳しく、さまざまな職種や業界を紹介してもらうことが可能です。

また、マイナビエージェントでは求職者と企業のマッチングができ、企業が求める人物像や業務特徴を把握しているため、証券アナリストにとって最適な転職先を紹介してくれます。

おすすめの転職サービス⑤キャリアカーバー

キャリアカーバー

証券アナリスト資格を持っている方におすすめの転職サービスに、キャリアカーバーがあります。

キャリアカーバーは転職業界最大手リクルートキャリアが運営している転職支援サービスです。

キャリアカーバーではコンサルタントデータベースから登録されている担当者を指名できるサービスがあり、証券アナリストのようなハイキャリア層が利用するメリットがあります。

キャリアカーバーでは、すぐに転職する気はなくても、登録して希望業界や条件を入力しておけば、条件にマッチする案件をコンサルタントが紹介してくれます。

慌てて転職を考えていないなら、取りあえず登録してじっくり待って、一段上の転職先を紹介してもらうのもいいでしょう。

証券アナリスト資格を取得して転職するのがおすすめ

証券アナリストの資格は、日本証券アナリスト協会の講座を受講した上で試験に合格し、実務経験3年が経てば名乗れる民間資格です。

試験難易度も難関な国家試験ほどは難しくないため、きちんと計画的に学習すれば比較的取りやすい資格です。

証券アナリストの資格は金融関係はもちろん、一般企業でも役立つ資格で、転職にも有利です。

金融業界に限らず一般企業でも、キャリアアップを図り転職したい方は、証券アナリストの資格を取得してから転職するのもおすすめです。

また、その際はぜひ前述の転職エージェントをご利用ください。